軟体動物多様性学会会則

2008年12月6日制定

第1条(名称) この会は軟体動物多様性学会と称する。英語名称は Society for the Study of Molluscan Diversity とする。

第2条(目的) この会は,軟体動物の多様性を探究し,これを保全することを目的とする。

第3条(事業) この会は,前条の目的を達成するため,次の事業を行う。

〔1〕総会・大会,例会の開催。
〔2〕会誌等出版物の発行。
〔3〕観察会,調査・研究会,国際集会の開催等,軟体動物学研究の発展に寄与する事業。

第4条(会員) 本会の目的に賛同するものは下記の会員となることができる。正会員,団体会員,賛助会員,家族会員とする。

〔1〕正会員:軟体動物の研究に関心を持つ個人で,別に定める会費を納入する者を正会員とする。正会員は会誌等の配布を受け,本会の開催する全ての事業に参加することができる。また,総会等における議決権を有する。
〔2〕団体会員:別に定める会費を納入する研究機関,図書館等を団体会員とする。団体会員には総会等における議決権はない。
〔3〕賛助会員:本会の趣旨に賛同し,一定額の援助を負担する個人または団体を賛助会員とする。賛助会員は会誌等の配布を受け,本会の開催する全ての事業に参加することができる。また,総会等における議決権を有する。
〔4〕正会員と同一家族の者が入会を希望する場合,別に定める会費を納入すれば一家族あたり何人でも,家族会員となることができる。会誌,行事案内等はその家族の正会員のみに配布される。家族会員は本会の開催する全ての事業に参加することができる。また,総会等における議決権を有する。
〔5〕会員資格の喪失:会費を1年以上滞納した会員は会誌等の配布を停止し,さらに2年滞納した場合は退会とみなす。また,本会の名誉を著しく傷つける行為のあった会員は役員会の議決を経て除名できる。

第5条(役員) この会には,次の役員を置く。

〔1〕会長 1名
〔2〕副会長 2名
〔3〕事務局 2名以上
〔4〕会計監査 2名
〔5〕会誌編集委員 若干名
〔6〕理事 若干名
〔7〕各種委員会委員 若干名

第6条(役員の任務) 役員は次の会務を処理する。

〔1〕会長は,この会を代表し,会務を総括する。
〔2〕副会長は,会長を補佐する。
〔3〕事務局は,会の運営のための庶務・会計事務を行う。
〔4〕会計監査は,会計の監査にあたる。
〔5〕会誌編集委員は,会誌の編集・発行を行う。会誌編集委員の代表を編集主幹とする。
〔6〕理事は,会務運営に参画する。
〔7〕上記役員のうち,会計監査以外で役員会を構成する。
〔8〕会務を遂行する上で必要な場合,役員会によって委員会を設置する。

第7条(役員の選出及び任期) 役員は,総会において選出する。役員の任期は2年とする。役員の重複兼任 (保全委員を除く) 及び再任を妨げない。

〔1〕各役員は正会員・家族会員・個人の賛助会員の中から選出する。
〔2〕会長・副会長は,総会において選出する。その他の役員は総会または役員会において選出する。
〔3〕役員の任期は2年とする。会長の連続再選は認めない。その他の役員については再選を妨げない。
〔4〕役員の職務遂行が一時的に困難または不可能である旨,当該役員から申し立てがあり,かつ,役員会の承認を経た場合に限り,当該役員の代行または補佐を設けることができる。それらの代行または補佐は,役員会の判断を仰ぎながら,当該役員の職務の全部または一部を代行・補佐することができる。

第8条(会議)

〔1〕総会は,原則として毎年1回会長が招集・開催する。総会においては,会則の改定・事業ならびに決算報告・予算審議・役員の選出・その他重要な事項を審議決定する。
〔2〕役員会は,必要あるとき会長がこれを招集し,会務の審議・実施にあたる。また,役員の発議により役員会メーリングリスト上で会務の審議を行う。役員会においては会則変更の決定,会長・副会長の選出はできない。役員会での決定事項は,和文誌上・総会等で会員に報告する。

第9条(経費) この会の経費は,会費・寄付金・会誌売上・その他の収入をもって充てる。会計年度は,毎年1月1日から翌年12月31日までとする。

附則 この会則は2009年1月1日から施行する。

細則

2015年2月22日改訂

会則第3条(事業)に関して:

〔1〕のうち,総会は大会中に開催する。大会は年に1回開催する。大会,例会の開催にあたっては,そのつど実行委員会を設置する。大会実行委員会は,総会の議事録を当会発行の和文誌に掲載する。また,大会・例会においては,研究発表会・野外観察会・採集会などを行なうことができる。これらを開催した場合も,当該回の実行委員会がその報告を和文誌に掲載する。
〔2〕の会誌等出版物は,2009年より,Malacological Society of Australasiaと共同で Molluscan Research を編集・発行する。また,当会独自で和文誌 Molluscan Diversity を編集・発行する。会誌編集委員は全員がMolluscan Diversity の編集にあたり,そのうちの若干名が Molluscan Research の編集委員会に加わる。Molluscan Diversity の投稿規定は会誌編集委員が別途定める。その他,上記の雑誌以外にも軟体動物の研究に関する出版物を刊行することができる。

会則第9条(経費)に関して:

2012年からの年会費額は暫定的に以下の通りとする。

正会員 1人5500円
団体会員 1団体10000円
賛助会員 1口10000円(1口以上,何口でも可)
家族会員 正会員以外の家族1人につき1000円

ただし,正会員のうち,身分が学生で,学生証の写しまたは指導教員の署名を事務局に提出して認められた者を学生会員とし,その年会費を4500円とする。英文誌 Molluscan Research の配布を希望しない正会員の年会費額は年間1人4000円とする。