サツマゴキブリ Opistoplatia orientalis。約4cm。海岸付近の森林の朽ち木の下などで見られる。成虫でも無翅で、幼虫はつや消し。今までにも伊豆諸島に移入されていたが、近年、本州への移入が確認されている。


フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum。九州の干潟でヨシ原があればだいたい見られる。このように、ヨシに良く這い登っている。


ヘナタリ Cerithideopsilla cingulata (左)とカワアイ C. djadjariensis(右)。砂泥底に多く見られる


ノコギリガザミ類の鉗脚の残骸とカワザンショウ Assiminea japonica.。残念ながら、生きているノコギリガザミ類は見られなかった


ヒラドカワザンショウ Assiminea hiradoensis。塩分濃度がやや高いヨシ原際の砂地に多い。


ムシヤドリカワザンショウ近似種 Assiminea sp. aff. parasitologica。あまり多数は見られなかった。写真は幼貝。


クリイロカワザンショウ Angustassiminea castanea。ヨシ原につもったヨシの枯れ茎などに多い。


コメツキガニ Scopimera globosa。砂地に棲息する。東京湾でもおなじみの種。


ハクセンシオマネキ Uca lactea。鋏が白っぽい。シオマネキUca arcuata に比べて小型で、砂質の干潟で見られる。なお、東京湾には安定した生息地はない。


ハマグリ Meretrix lusoria。殻長2cmほどの幼貝。


ユウシオガイ Moerella rutila。東京湾では絶滅したと考えられているが、九州では比較的多く見ることができる。色彩変異が大きく、写真のようなほぼ白色の個体から、黄色、桃橙色などの殻色のものまでいる。


ムラサキガイ Soletellina diphos。本来は殻長15cmほどになる大型種だが、そのような大型の個体は殻しか見つからなかった。地元の人に聞いたところ、相当減っているとか。写真の個体は約4cm。よく「ムラサキガイ」と混同されているが全く別の種。


オチバガイ Psammotaea virescens。写真は殻長4cmほど。ハザクラに比べて横長で、殻表の放射紋様はあっても不連続的。


ヘコミカマカ Kamaka excavata。3mmほどの小型種。複眼が頭部前端に張り出している。2007年に記載された種。


トリウミアカイソモドキ Sestrostoma toriumii 。砂質の干潟で見られる。保護色になっていて見つけにくいが、2個体が写っている。


ピンノの1種 Pinnotheres sp.。フタハピンノ P. bidentatus に似ているが、確定できていない。オチバガイの中からも同種が得られた。


(c) 東邦大学理学部東京湾生態系研究センター 出典を明記しない引用を禁じます。
写真の著作権は撮影者に帰属します。写真の無断使用を禁じます。